頭痛が辛い!頭痛の原因・特徴を知り、解消しよう!

HT173_L

普段から頭痛で悩まれている方は多くいらっしゃると思います。

頭痛が起こる事で集中力が途切れ、仕事や家事に没頭できなくなりますよね。

なぜ、頭痛が起こるのか??メカニズムを知り、辛い頭痛を予防・改善に繋げましょう。

 

頭痛の種類と頭痛とはどのようなメカニズムで起こるかについて

7519999

 

頭痛とは誰にでも起こる不快な症状です。

頭痛がすることで、仕事に集中できなかったり、普段の生活でやるべきことが困難になったりします。

よく起こるという人は、この不快な頭痛のメカニズムを知って、未然に防いだり予防したりすることが大事です。

 

一次性頭痛とは

頭痛の種類は100種類以上に分類することができ、それを大きく分けると一次性頭痛と二次性頭痛とに分けられるということです。

一次性頭痛は慢性頭痛とも呼ばれ、大きく分けると片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛に分けられます。

一次性頭痛は一般に頭痛持ちといわれ、首や頭部周辺の筋肉の緊張や頭部の血管の拡張などによって起こるといわれています。

 

一次性頭痛は生活環境の改善

この頭痛はメカニズムを知ることで、完治しなくても上手に付き合っていくということも可能です。

この中で最近特に多いといわれているものは、片頭痛と緊張型頭痛が混合した頭痛です。

現代は大変なストレス社会で、首や肩、頭部が一日中緊張しているということも珍しくありません。

一次性頭痛は生活環境の改善や十分な睡眠、健全な食生活ですいぶん楽になるといわれています。

 

二次性頭痛とは

これに対し、二次性頭痛はなんらかの病気が引き起こすものと考えられており、治療によって完治することが多いといわれています。

二次性頭痛を起こす病気には、クモ膜下出血や脳腫瘍などの危険なものがあげられます。

これまで経験したことのないような激しい頭痛や手足の麻痺などが現れたときは、躊躇せずすぐに病院に行くことが大切です。

 

たかが頭痛、されど頭痛

このように、頭痛の種類と一口に言ってもさまざまなものがあります。

一次性頭痛は対処法があり、そのメカニズムをきちんと理解していれば大事には至りません。

怖いのは二次性頭痛なので、普段から自分の頭痛のタイプを知っておくことが大事です。

頭痛とは頭部からの危険信号だということと、頭痛とは放置することで危険なものになるのだということをよく覚えておきましょう。

 

偏頭痛の特徴・症状としくみは、痛みの経過は

8328205

 

偏頭痛は、頭の片側が痛む頭痛の一つです。

女性に多くなりやすいですが近年では思春期の子どもや男性でもなりやすいです。

頭痛が起こるしくみとしては頭の中の血管が拡張し神経を圧迫することがあげられます。

 

偏頭痛の特徴

偏頭痛は大きな神経である三叉神経を刺激するのが特徴で、痛みの原因となる物質が放出され血管が炎症をおこし、さらに拡張し負の連鎖をうみだしています。

また、痛みの原因である血管の拡張にはセロトニンの過剰な分泌も関係しており、そのしくみをブロックするには予防薬を飲む生活に注意するなど日頃からの配慮が必要となります。

頭が痛くなれば痛くなるほど、悪循環を生むので早めの対処が大切です。

 

偏頭痛の予兆期・前兆期

偏頭痛特徴・症状は、予兆期、前兆期があること頭の片側がズキズキと脈を打つように痛むことがあげられます。

緊張型頭痛や群発頭痛、風邪による頭痛と異なり予兆があります。

無性に何かを食べたくなる、あくびが出る、集中力が短い、疲労感がある、首や肩がこる、体がむくみやすくなることがあれば偏頭痛の予兆期の可能性があるでしょう。

予兆期が終わると前兆期へとうつりますが、前兆期では他の頭痛にはない閃輝暗点が起こることがあり、視野が狭くなることもあります。

 

痛みの経過は個人差

痛みの経過としてはこの後軽度の痛みから中度、重度と進み、回復期、寛解期へと行きます。

回復期での特徴・症状は急に眠くなる、熟睡ができるということがあり寛解期では逆に気分が不安定になったり、そううつ状態になることもあります。

頭痛期においては軽度から重度へと痛みの経過がありますが、個人差があり、その経過をたどらないことが多いです。

急にあくびが出たり首や肩こりがひどくなったと思ったら、いきなり頭の片側がズキズキと痛んでくることもあります。

頭痛期になると音や光、においに敏感になるので、薄暗い部屋でゆっくりと休むようにします。

 

緊張型の頭痛・偏頭痛の対処法は冷やすor温めてリラックス、どちらが効果的?

3136681

 

ズキズキと痛む頭痛・偏頭痛は非常に厄介です。

痛み止めを飲んでやり過ごしがちですが、頭痛・偏頭痛には大きく分けて二つの種類があり、対処法がそれぞれ違います。

 

偏頭痛と緊張型頭痛の違い

脳の血管が急激に広がって痛むのが偏頭痛、頭や肩、首の筋肉が緊張しておきるのが緊張型頭痛です。

偏頭痛はのんびりしている休日やたくさん寝た後などにおこりやすく、リラックスしたはずなのにと不安に思うこともあります。

脈に合わせてズキンズキンと痛むことが多く、ツボをマッサージをしてもあまり効果がないように感じます。

 

偏頭痛の解消法は血管を収縮させること

こういう時にはツボのマッサージなどはせず、冷たいタオルを痛む部分にあて、冷やすことで血管を収縮させて静かに待ちます。

また、コーヒーや日本茶に含まれるカフェインは血管を収縮させる作用があるので、早めに飲むと痛みが軽減します。

光や音に敏感になっていることもあるので、できるだけ静かで暗い場所で休みましょう。

 

緊張型頭痛の原因

もう一つのタイプである緊張型頭痛がおこる要因は精神的なストレスや、ずっと同じ姿勢を取るなどしていることがあげられます。

筋肉の緊張により血液の流れが悪くなり筋肉の中の老廃物がとどまった状態になり、その周りの神経を刺激、圧迫します。

これが痛みの原因となるのです。

疲れが出てくる午後から夕方にかけて頻繁に頭痛・偏頭痛がおこるという方は緊張型頭痛を疑ってみましょう。

 

緊張型頭痛の解消法はツボ押しなどで血流を改善

このタイプの頭痛には、肩から首にかけてのマッサージや、ツボを押して血流の改善を促すことが必要です。

痛みの様子を見ながらストレッチをしたり、気分転換もかねて体を動かす、散歩に出かけるなどしてリラックスしていると少しずつおさまってきます。

この時には冷やすのは逆効果になってしまうので、自分の頭痛・偏頭痛のタイプを知ることが大切です。

 

症状に合った薬・サプリメントを

薬・サプリメントを取るときにも注意が必要です。

一般的な痛み止めは体を冷やす効果があるので、緊張型頭痛の時には控えるようにします。

サプリメントやハーブも症状によって用途が違うので自分に合ったものを選びましょう。対処法を間違えれば、症状が悪化することもあります。

また、頭痛・偏頭痛には軽視できない病気が隠れている場合もあります。

一度病院にかかり、問題がないのかどうか検査することも必要です。

 

頭痛・偏頭痛を予防するには、食事や睡眠といった生活習慣から見直そう

12641041

頭痛・偏頭痛は、様々な原因から引き起こされるものであり、特にこれと原因が断定できることは少ないです。

いくつかの原因が複合的に関係していることもあるので、まずはそれらを特定することが大切になります。

まず、一番の原因として挙げられるのが日々における過度なストレスです。

 

ストレスを無くす発散や趣味を作る

特に現代人はストレスを受けやすい環境に侵されており、さらに溜めやすい性格の人が増えてきています。

そのため、慢性的な頭痛・偏頭痛に悩まされている人、あるいはその予備軍である人は年々増えてきています。

今ある生活や環境を劇的に変えることは難しいですが、少なくとも出来るだけストレスを受けない生活を心掛けることや、あるいはこまめに発散できる趣味や出来事を多く持つことから始めてみましょう。

 

生活リズムを見直し頭痛・偏頭痛を予防

頭痛・偏頭痛は、症状が出てから速やかに対策をとることも大切ですが、事前に予防することも重要になります。現代人の特徴の一つともいえる不規則な生活リズムが大きく影響しています。

バランスの良い食事や適度な運動、十分な睡眠など今一度自分の生活リズムや習慣を見直してみて、改善すべきことは無いか考えてみましょう。

バランスの良い食事は身体的にも精神的にも健康にしてくれるし、適度な運動はストレスをこまめに発散させることに繋がります。

また、十分な睡眠は 日々の疲れを取る役割を果たすので、特に睡眠不足が深刻化する現代において質の良い睡眠を十分に取ることを意識してみましょう。

 

症状が出た場合速やかに病院へ

頭痛・偏頭痛を予防するためには、この内どれか一つだけを意識するのではなく、3つ全てバランスよく意識することが大切です。

頭痛・偏頭痛は、重症化すると日常生活にも支障を来してしまうばかりか、別の大きな疾患に発展することもあります。

そのため、日々の予防は常に意識して、万が一症状が出てしまった場合には速やかに病院などで治療を行うようにしましょう。

 

偏頭痛の原因には遺伝やストレスもある

16761461

 

偏頭痛の人は全国には何百万人もいると言われていますが、原因は人それぞれ違うので自分がどういう時に症状がでるのか詳しくメモを取っておくことが大事です。

偏頭痛の仕組みは、血管が広がってしまい炎症によってズキズキするような痛みが襲ってきます。

原因で多いのがストレスです。仕事や人間関係でストレスを溜め込むと頭がズキズキと痛むことも多いです。

 

発散やリラックスする方法を見つける

改善策としては、ストレスをため込まないようにすることですが、カラオケやスポーツなどでストレスを発散する方法を身につけておくといいでしょう。

リラックスすることも大事で、お風呂に入る時に自分の好きな入浴剤を入れても良いでしょう。

睡眠をとることも大事ですが、寝すぎの場合はかえって血管に大量の血が流れてしまうので気をつけてください。

昼に30分くらい昼寝をするとリラックスできて、予防にもなります。

 

肩こりと生活環境の乱れによる偏頭痛

肩こりがひどい人も偏頭痛になりやすいです。

仕事で長時間パソコンを使用する場合は、必ず定期的にストレッチをおこなうようにしましょう。肩こりがひどいと感じたら整体やマッサージに通う方法もあります。

生活環境の乱れが原因となるケースもあります。

寝る時間や起きる時間を変えず、栄養がありバランスの良い食事を食べるなど規則正しい生活を心がけることが大事です。

 

女性特有の頭痛

女性の場合は月経偏頭痛の原因となる場合が多いです。月経になるとホルモンのバランスが崩れるからだと言われています。

月経になったらあまり無理をせず安静にしているといいでしょう。

 

遺伝による偏頭痛もある

偏頭痛遺伝するか気になる人が多いです。特に母親が偏頭痛持ち場合は高確率で子供に遺伝すると言われています。

父親と母親が両方の場合は、さらに高い確率で遺伝します。親子だけでなく祖父や祖母から引き継ぐケースもあるので注意が必要です。

子供が頭が痛いと言ったら、できるだけ早めに頭痛専門の病院へ診てもらうことが大事です。

偏頭痛とは

  • af9980008677
    偏頭痛のしくみを知ることで頭痛を解決しよう!

    偏頭痛になりますと、家事や仕事中でも痛すぎて手につかないなんてことありませんか? 急に痛みがやってくるので困りものです。 偏頭痛のしくみを知ることで予防や対策が出来るので1度目を通してみてください。 《目次》1 吐き気や […]