偏頭痛のしくみを知ることで頭痛を解決しよう!

af9980008677

偏頭痛になりますと、家事や仕事中でも痛すぎて手につかないなんてことありませんか?

急に痛みがやってくるので困りものです。

偏頭痛のしくみを知ることで予防対策が出来るので1度目を通してみてください。

吐き気や嘔吐の症状がある偏頭痛はどういったしくみか

7145402

 

吐き気嘔吐の症状が出ることがある偏頭痛は、ストレスや生活習慣の乱れ、食事、飲酒、生理、天候など様々なことが要因で起こります。

個人差があるものの、症状の出方は共通しており、偏頭痛は予兆、前兆、頭痛へと進んでいくのが特徴の一つです。

 

予兆期~回復期にかけての症状

偏頭痛は、はじめ予兆期から始まりますが、この時点では吐き気嘔吐を伴うことは少ないです。

予兆期では食欲が増す、眠気がある、あくびがでる、急に肩がこってきたなどの症状が出ます。

この時期を過ぎると目の前がチカチカとする前兆期が始まり、頭痛期へと移行していきます。

頭痛期も軽度、中度、重度と3つにわかれますが、軽度であるあくびが出る、光やにおい、音に敏感になりすぐ、脈を打つように痛くなり吐いてしまう重度の症状になることもあります。

前兆期では、肩こりや眠気などが治まるので、頭痛が起きなくてよかったと安心しないように注意しましょう。

頭痛期がすぎると、回復期、寛解期へと移行していきます。

回復期では眠くなることが多いですが、あまりに寝てしまうと逆に頭痛を起こすので気を付けましょう。

 

偏頭痛と三叉神経の関係

偏頭痛三叉神経と血管の拡張が関係しています。

三叉神経は頭の中では大きな神経ですが、血管が何らかの影響で拡張すると、神経を圧迫し、神経ペプチドが作られます。

この神経ペプチドは血管の周りを炎症させるのでさらに三叉神経を刺激し、頭痛が起こります。

この時、頭痛の他に中枢神経や後頭葉、側頭葉も刺激を受けるので吐き気や嘔吐を伴うようになります。
一回痛みを感じてしまうと、痛みがさらに痛みを呼びなかなか良くなることはありません。

薬を服用しても改善することがなく、薬を服用し過ぎると薬物乱用頭痛をひき起こすこともあるので注意が必要です。

 

普段からストレスをかけないように

偏頭痛は一度起きてしまうと、なかなか良くなりません。

頭痛はストレスから解消した時や、人ごみから帰ってきたときなどに起こりやすいので、混雑時期を避け、ストレスをうまく逃すようにしましょう。

神経ペプチドの放出と血管拡張が原因となる偏頭痛のしくみ

6457305

 

つらい偏頭痛に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。

偏頭痛の原因はストレスや疲労が大きく関係しています。

ストレスや疲労が刺激となり神経ペプチドが放出され頭の血管拡張が起こり血管周辺の炎症が発生するというしくみです。

 

痛みの原因は『血管拡張』

症状としては、ズキンズキンと波打つように痛む、頭を動かすとガンガンと響くような痛みがある、頭を締め付けられるように痛むなどがあります。

偏頭痛は定期的に症状が引き起こされて前兆・予兆があるといわれています。

改善させるためには、神経ペプチドの放出による血管拡張が痛みの原因となるという仕組みをきちんと理解しておく必要があります。

入浴、マッサージ、運動などは血管をさらに拡張させてしまい痛みを助長させてしまう原因になりますので絶対に避けましょう。

 

拡張した血管を収縮させる

痛みを緩和させるためには、血管を収縮させることが大切です。

具体的な方法としては、こめかみの部分を強めに押して圧迫して血流を阻害する、頭を冷やす、コーヒーや緑茶などのカフェインを含むものを摂取するなどがあります。

血管を収縮させるための応急措置を施し、体を楽な状態にして安静にすることが痛みの緩和への近道となります。

吐き気を伴うような激しい痛みに見舞われる場合は鎮痛薬を服用したり病院を受診したりすることも大切です。

 

ストレス解消で偏頭痛の改善を目指す

偏頭痛の根本的な改善を目指すためには、疲労やストレスをため込まないようにすることも大切です。

栄養バランスのとれた質の良い食事、自律神経の乱れを整えるための良質な睡眠、規則正しい生活リズム、適度な運動などを心がけて健康的な生活を送りましょう。

リラックスができる癒しやリフレッシュができる趣味などを生活の中に取り入れたりして疲労回復とストレス解消に努めましょう。

偏頭痛の原因や神経ペプチドの放出による血管拡張というしくみや効果的な対策方法をしっかりと理解して痛みに負けない体づくりをしていきましょう。

偏頭痛の予兆期と前兆期の経過傾向はどのようなものか

7864054

 

偏頭痛は、女性に多い頭痛で気圧の変化や睡眠不足、睡眠過多、アルコールの取りすぎ、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、食べ物によって起こります。

偏頭痛には他の頭痛と違い、予兆期や前兆期があり、主に頭の片側が脈を打つように痛くなったり、目の奥がぎゅっと締め付けられるように痛くなります。

薬を飲むタイミングを逃すと、飲んでも効果を得ることが少なく吐き気を催したり、匂いに敏感になったりするため家事などが出来なくなることがあります。

 

予兆期の経過傾向

予兆期においては、過食になる、やたらにあくびがでる、疲労感がひどい、首や肩が凝るといった経過傾向になります。

偏頭痛が起こる数時間前か長い人では1日前から感じることが多く、急に食欲が出る、集中することが出来ないといった時は偏頭痛が起こる可能性があります。

 

前兆期の経過傾向

前兆期経過傾向としては閃輝暗点が見られ、目の前にチカチカとしたものが見えることで15分ほどで1回なくなります。

この他、言葉を発するのが困難な失語性言語障害、感覚が鈍くなる感覚障害が起こることもあります。

前兆期にさしかかると、あくびが出たり、肩こりがひどいといった症状はなくなることが多いです。

 

頭痛期の経過傾向

予兆期、前兆期とすぎると軽度の頭痛期に入ります。

頭痛期には、軽度、中度、重度の3段階があり肩こりから頭痛へと痛みが増していき、音やにおい、光に敏感になります。

脈を打つように痛むのは重度の時となり、その後、急に眠気が起こり回復期、寛解期へと進みます。

なお、人によっては頭痛期が軽度、中度、重度とわかれていなく、一気に痛むこともあり個人差があります。

 

予兆期から薬を服用することで効果が得られる

薬を服用する場合、予兆期に飲み始めると効果が得やすくなります。

頭痛期間において飲んでも効果を得ることができないため注意が必要となります。

偏頭痛が起こったら、できるだけ薄暗い部屋で横になると良いでしょう。

頭はこめかみの部分を冷やすと痛みが和らぐことがあります。

効果と価格を徹底比較!偏頭痛サプリ総合ランキング

▼偏頭痛対策サプリを選びたいなら♪▼偏頭痛対策>>偏頭痛対策サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<