グルタミン酸や低血糖から繋がる偏頭痛もあります!

食に関しては、チラミン・亜硝酸が原因で偏頭痛があるとお伝えしました。

ですが、他にもグルタミン酸ナトリウムも原因にあげられているようです。

また、朝食を抜く方も症状が出る一つと言われています。なぜなのか、その原因をお教えいたします。

偏頭痛の原因はグルタミン酸ナトリウムなどの食べ物にあり?

 

18042666

頭痛に悩まされる人は少なくありませんが、そのほとんどが偏頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などの慢性頭痛です。

その中でも特に多くの人が抱えているのが偏頭痛なのですが、頭の片側に起こることが多く、ズキンズキンと脈を打つような強い痛みが特徴です。

吐き気や嘔吐を伴う事もあり、人によっては寝込んでしまう場合もあります。

 

インスタント食品やスナック菓子に含まれるグルタミン酸

一般的に偏頭痛の原因は、筋肉の凝りや精神的ストレスと言われていますが、頭痛を強くしてしまう食べ物というものもあります。

具体的な例としては、まずグルタミン酸ナトリウムが挙げられます。

グルタミン酸ナトリウムとは化学調味料で、インスタント食品スナック菓子によく含まれています。

このグルタミン酸ナトリウムを摂取してから、頭痛の症状が現れるまでにかかる時間は数時間から48時間程度とされています。

頻繁にインスタント食品を食べている人で頭痛持ちの人は、少し控えるようにした方が賢明です。

 

予防の為には食生活の見直しが必要

そもそも偏頭痛は、血管が拡張することによって起こります。つまり少し予兆を感じる時は、血管拡張作用のある栄養素を避けたほうが賢明です。

血管拡張作用のある栄養素には、赤ワインやチョコレートなどに含まれるポリフェノール、ハムやサラミなどに含まれる亜硝酸ナトリウム、チーズや柑橘類に含まれるチラミンなどが挙げられます。

もちろん、これらを口に入れたからといって急激な頭痛に襲われる訳でもなく、人によっては全く関係ない事もあります。

ただ頭が痛いと体も辛くなり、少しでも予防したいと考えるなら、毎日取り入れる食べ物には気を使いたいものです。

 

逆に偏頭痛を和らげる食べ物もあります

偏頭痛の原因となる食べ物がある一方、頭痛を和らげる食べ物もあります。

レバー、乳製品に含まれるビタミンB2、大豆製品やひじきなどのマグネシウム、穀類や緑黄色野菜に含まれるビタミンEは頭痛解消に効果が期待出来ます。

血管収縮効果のあるカフェインも有効で、コーヒーを1日3杯程度飲むと良いと考えられています。

空腹による低血糖は偏頭痛の原因

 

1409052

偏頭痛は、頭痛発作を繰り返す慢性頭痛の一つです。特徴として、拍動性、片側性の強い頭痛で、身体を動かすことや、音や光の刺激で頭痛が悪化します。

吐き気や嘔吐を伴うことがあり、日常生活にも影響を与えるつらい症状です。

 

頭痛の原因、遊離脂肪酸とセロトニンの関係性

頭痛発作は、治療をしない場合12時間から72時間ほど続きます。

発症のメカニズムには、セロトニンという物質が関与しています。

脳内でセロトニンが増えることにより、結果的に頭蓋骨内の血管が過度に拡張することで、血管周囲が炎症をおこし痛みを感じるというものです。

ストレスや睡眠不足などの原因によって、血中にカテコールアミンや遊離脂肪酸が増えることで、セロトニンが過量に分泌され、頭痛発作に繋がっていきます。

 

低血糖も遊離脂肪酸が増える

他にもアルコールなど、または騒音や低気圧が原因になることもあります。そして、空腹による低血糖です。

空腹時、つまり低血糖時には、やはり遊離脂肪酸が増えます。

それが影響して結果的に頭蓋骨内の血管も拡張し、偏頭痛が起こると考えられます。

お昼ご飯前に偏頭痛をおこすことが多いと言われるのはこのためで、頭痛信号を感じたら、少し甘いものを取る、食事をとるなどして血糖値をあげると予防できることも可能です。

 

低血糖予防のためには3食バランス良く食べることが大事

低血糖を予防するためには規則正しい食生活が大事です。

例えば朝食を抜くなどすると、お昼前に低血糖が起きやすくなりますし、また、1回の食事で大量に食べすぎるのも良くありません。

急な血糖値の上昇があった後、それを下げようと体内でインスリンが多量に分泌され、その結果今度は血糖値が下がりすぎてしまうためです。

つまり、3食バランスよくきちんと食べることが、血糖値の急な上下を防ぎ、その結果、偏頭痛の予防にも繋がっていくのです。

 

頭痛薬の効果が出ない場合は一度病院へ

最近は、偏頭痛の専用の治療薬も登場していて、治療や予防に使われています。

鎮痛剤を頻繁に、または多量に飲むことを防ぐためにも、市販の頭痛薬で効果がない場合は、一度病院を受診し、診断を受けてきちんと治療すると良いでしょう。

効果と価格を徹底比較!偏頭痛サプリ総合ランキング

▼偏頭痛対策サプリを選びたいなら♪▼偏頭痛対策>>偏頭痛対策サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<